「日常」の回復

熊本、阿蘇を中心に、大きな地震が起きてしまいました。

被害に遭われた方々に、心よりお祈り申し上げます。

緊急時や非常時は、ある種の興奮状態で、

今をしのぐことに集中し、先のことを考える余裕もありませんが、

目の前の危機を脱し、衣食住等の日常、明日以降のことを考えるようになった時、

逆に大きな不安や絶望に襲われたり、

怒りや悲しみが湧き上がってきたりすることも多いようです。

人々の生活、「日常」の回復というのがこれから最も重要になりますが、

そういう時こそ、実はとても精神力やエネルギーが必要になるのです。

今回、熊本城、阿蘇神社、阿蘇大橋をはじめ、

熊本の観光名所や象徴的と言えるものも、大きな傷を負いました。

そこに住んでいる方、縁の深い方にとっては、これらも「日常」であり、

精神的な支えでもあったでしょう。

私も特に昨年、何度も訪れたのですが、

阿蘇は普段、本当に美しく雄大なところで、

訪れる人を温かく柔らかく包み込み、大自然の力で人々を癒してくれるところです。

ここにいると、日々の色んな感情の揺らぎが静かになり、

人間らしい心を取り戻すことができたかけがえのない場所でした。

今回、人命や財産がたくさん失われたことは本当に悲しいのですが、

必ずまた、「日常」を回復していく上で、

精神的な支柱でもあった名所や、阿蘇の自然が、

人々への癒しとともに、力を与えてくれる時が来ると信じています。

震災に限らず、「日常」の在り方というのは、

いつの間にか日々の生活に追われたりして、つい忘れてしまい、

心身のバランスを崩してしまっていることすら気づかないことがあるのですが、

様々な出来事や物事の間で板挟みになるようなことがあっても、

健全でちょうど良いバランスを取り続けることが出来るためにも、

自然に親しみ、自然の力を借りて、

上手にリセットしたり、リフレッシュしながら、

目の前の何気ない「日常」を大切にして頂きたいと思います。

そしてまた、そんな「日常」の積み重ねによって、

自然や物事に対する自分の精神状態や言動や距離感といったものも、

無理のない自由で自然で心地よい自分らしいものとなっていき、

強いストレスがかかる出来事があった時にも、

自分や周りにとって頼りになる支えや力にもなってくれるはずです。

ゆっくり、穏やかに、しかし着実に、「日常」が回復していかれることを

心よりお祈り申し上げます。