一呼吸置いて、やるべきことよりも、先に、気分のいいイメージを思い描く(夏を幸せに乗り切るために)

だんだん暑くなってきましたね太陽

夏、夏休みというと昔はワクワクウキウキ♪しましたが、最近はどうですか?

園や学校が休みで、お昼作らないと・・・汗

ゴロゴロしてしまわないようにしないと・・・えー

でもガミガミ言うのは疲れる・・・

宿題やらせないと・・・sei汗

・・思わずため息溜息が出そうなことが頭や心を占領していませんか??

嫌なことを先に考えてしまうと、

まだ起きていないのに、どうせまたこんな風になるだろうと想像して、

あたかももうすでに起こっているように感じてしまい、

起きていないことに対してストレスや怒りを感じてしまいます(#´`#)

これって気づきにくいけどありがちですよねえっ

とっても無駄で無意味です。

でも、罪悪感を持たないで下さいねネコ

その罪悪感がさらにこれからを悪化させますからがーん!!

今、この瞬間から、切り替える!

それでいいんですうささんheart

まだ夏カピバラはこれから!

子供の頃、楽しかったことを思い出して、童心夏休みにかえってみたり、

なかなかすぐ思い出せなかったら、

これからのことを、子供女の子。boyと一緒に楽しんで作っていきましょう!

嫌なことを先にイメージするか、

楽しいことを先にイメージするかで、これから先の未来が大きく変わりますよビックリマーク2

分かれ道です。自分がそれを選ぶんです人差し指

何か頭でイメージしたり、考えたり、決断しないといけない時は、

一呼吸置いてください白熊

まずは一呼吸置くと、自分に言い聞かせてみてください笑

現代人は体力が落ちているとか色々言われますが、呼吸も浅いと言われています。

意識的に深く呼吸して、身心ともに間と余裕を取ることで、

つい反射的に嫌なイメージを持ってしまったりせず、

落ち着いて、いいイメージを持って物事にあたることができるようになります。

心に、頭の中に、余裕ができると、問題だ、大変だと、嫌だ、と思ったことが、

案外たいしたことないと思えてきますえへau 着フル

気分いい時を思い出してください好

そして気分のいい状態で、

物事やこれからやることをイメージ妄想してみてくださいきらきら!!

いいイメージが出来てから、物事に取り組んでみてください両立

いろんなアイデアが浮かんできませんか?

夏はやることがいっぱいあたふた焦る

それを忙しい、大変だ、と思ってしまうか、

落ち着いて、この時期にはこういうことがあるから、

今のうちにこれとあれを準備しておこう!と楽しく進めていけるか。

今ならまだまだ間に合いますキラキラ

例えば、エアコンのお掃除はたきをして、少しでも節約できる方法を調べてみませんか。

実は、エアコンはつけっぱなしの方が、電気代が安いと言われています。

ただちょっとしたポイントや注意点はあるようです。

気持ちに余裕ができて、落ち着いて取り組めば、

そういえばちょっと調べてみようかな、という考えが浮かんできます電球

エアコンの掃除が大変だ、

電気代がかかるからあんまり使わないで!なんてイライラして、

結局どれも誰も得しない・・・なんてことが無くなります。

一呼吸置いて落ち着けば、必ずいい知恵が浮かんできます。

また、子供がずっといるとどうしても部屋は散らかりますよね。

片付けほうきしなさい!

しないとプールプールにも夏祭り花火にも連れて行かないよ!

って、つい言ってしまいますが、

そう言われると、子供は、もう行けなかった未来を想像してしまって、

気分が落ち込んでいきます下がる

そして余計に動けなくなりますがーん

夏祭り行きたいね、かき氷カキ氷食べたいね、

あと何日かな、浴衣浴衣着ていきたいね、

そういえば浴衣はあそこの奥のクロゼットにあって、

このままだと取りにくいなあ、片付けして取りやすいようにしたいね、

片付け掃除して気分良く夏祭りに行こう!

って一緒に楽しく話をして、いいイメージができるようにするキャッ♪

相手に指示・命令するんじゃなくて、あたかも一緒にやるように、

あるいは一緒にやろうよなんてプレッシャーすら与えないように、

なんとなくこれをやったほうがいいんだな・・・と感じるだけでいいんです。

それだけで子供は自分で考えて動き出します。

知らない間に自分なりに片付けをしていたりするものですsei

(その時にどれだけ片付けの仕方が悪くても、

ここもまずは、気分のいい言葉かけをしてくださいね)

楽しいイメージが頭の中にあると、エンジンもかかりやすいし、

できる気がしてきますから、当たり前といえば当たり前ですよね♪

とってもシンプルで、自然で、人間らしいことです。

子供の頭の中をよく想像してみて下さいキラキラ

面倒だ、大変だ、嫌だ、と思うことよりも、

なんだ、簡単だな、とか、

そうかこれをやればこうなってこれができるんだなと

イメージできるように方向づけをしてあげることが、

最も効果的で、最もお互いが楽で、いい雰囲気でいられる秘訣です。

一呼吸置いて落ち着けば、必ずいい言葉かけや向き合い方が浮かんできます。

さて、落ち着いて、今年の夏を想像してみましょう笑妄想

なんとなく汗ばんでベタついているイメージですか?

ゴロゴロ、ダラダラ、イライラ、ガミガミしていますか?

クーラーや電気代のことばっかり気にしていますか?

それとも、

空いている穴場のプールや海を見つけて、

準備万端、早めに出かけてぶーぶー渋滞もなく、家族で楽しく泳いで、

帰りにアイスアイスでも食べてみんなで笑っていますか?

無事片付けも完了して、夏だけ使うような季節物も、

直前になって探さないでもちゃんと見つかって、

夏祭りに行ったり花火線香花火をして楽しく過ごせていそうでか?

そのイメージが、これからの現実になっていきます目キラキラ

教育や子育て、躾など、もっというと人生において、

このイメージの仕方が結果や将来に大きく影響してきますキラキラ

やることや、言い聞かせること、指示や命令すること、

しなければならないことを考えるより、

まずは、あなたが、自分自身が、未来を、その子のことを、どうイメージ妄想するか、です。

自分と相手が、どんな雰囲気や気分の中で過ごすのが最も心地よいのかを、

よーくイメージしてください。

そのイメージがしっかりとあれば、

あとは自然と、本当にすべきこと、そして向き合い方が見えてきますクマ

一呼吸置くというのは、それを思い出すための仕掛け、おまじないみたいなものと思って、

習慣にしてみてくださいね♪

この夏が、とっても楽しくて、心地のよい、幸せなものになりますように。。。

盆踊り