今日の漢字「水」(2016年8月23日)

水<スイ・みず>

→読み方のポイントは、こちらをご覧下さい。

※学年別漢字配当表 1年生

凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸凸

今日は、毎日飲んだり触れたりしている「水」です。

コップに入った水。
漢字「水」
冷たそうだね。

このコップには、氷も入っているね!
漢字「氷」
とっても冷たそう!

コップの表面をよく見てごらん。
漢字「水滴」
こんな風に、水滴がついていないかな?

ヤカンから出ている白い雲みたいなもの、何か知っているかな?
漢字「湯気」
これは「湯気」と言うんだよ。
水を火にかけたりして熱くなった時に出来るんだ。
お風呂でも見えるよね。
ヤカンから吹き出ている湯気は熱いから触らないようにね。

次は公園で、水を探してみよう。

公園には噴水があるね。
漢字「噴水」
どうしてこんな風に流れるのかな。

あっ!水遊びしている!気持ち良さそう!
漢字「水遊び」
遊んでいい噴水と、入ってはいけない噴水があるから、ちゃんと確認してから遊ぼうね。

水風船も楽しいよね。
漢字「水風船」
あんまり水を入れすぎると破裂するから気をつけてね。
割れた後のゴミはきちんと捨てましょう。

池がある公園には、こんな風に水草が生えていることもある。
漢字「水草」
水草の下には、何がいるのかな。蛙かな。亀かな。魚かな。

ここには魚がたくさんいるね!
漢字「水族館」
水族館には、珍しい生き物がいっぱい。
行ったことあるかな?

「今日」の漢字ですが、明日も同じように繰り返しても大丈夫。
子供は繰り返しも大好きです。むしろ何度も繰り返してあげて下さいね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

<子供と一緒に楽しむポイント>

今回は、人が生きていく上で欠かせない「水」です。
これまで同様、読みや字の形に沿って流れを作りながら、
より身近なものや、興味が湧きそうなものを集めました。

まずは、一番基本的な、水。
様々なところに水は存在しますが、
コップの中の水は、最も身近でわかりやすいものです。

次は氷です。
子供は氷が大好きで、水を飲み干した後に、必ず氷を手で掴んで
食べようとしたり、遊んだりします。

興味があって、漢字自体も似ているので、覚えやすいと思いますので、
水ではありませんが、グループ化でき、実際の変化や体験とともに
覚えやすいものです。

そして、氷の入ったコップには、必ず水滴が出来ますね。
コップと水だけで、これだけの変化や科学的なことが起きています。
水について色々見つめてみるだけで、普段の感覚や常識には、勘違いや
気づいていないことが多いことを教えてくれます。

深海の水圧の凄さや、細く狭いところを飛び出した水は鉄などの硬いものでも
切ってしまえること、そして氷となって体積は増えたのに水に浮くことなど。

水というのは、とてもシンプルなものなのですが、本当に不思議なことが
たくさんありますね。

今後は、水を熱してみます。

湯気が出てきますね。
そして水蒸気に変わります。
湯気と(水)蒸気の違いは、簡単に表現すると、
湯気=目に見えているもの(液体。細く小さな粒)
蒸気=目に見えないもの(気体。透明)
となります。

光や反射の関係もありますので、厳密には色々違いますが、
水の粒を人間の目で見ることができるかどうかですね。

さて、今は夏ですし、最近は、遊べる噴水を設置している公園や
公共施設も増えてきました。
滑って転んだりしている子もよく見かけますので、注意しながら、
楽しく遊んで下さいね。

それから、池には水草がたくさん生えている時期でもあります。
水で遊ぶから、水遊び
水が入った風船だから、水風船
水の上に生えているから、水草
というように、水そのものではありませんが、水に関わるものには、
水という言葉が入るということも、感覚的に理解出来てきます。
そのため、興味を引きやすい、また体験などもしやすいものを選びました。

水草の下に、生き物がいるか探すのはとても楽しいのですが、
危険なこともありますし、ビオトープなどもそれほどたくさんありませんので、
ペットショップやホームセンター以外の自然の中で、触れることがかなり
少なくなっているかと思います。
逆に水族館などでは、体験型の展示が増え、擬似的とはいえ、
自然に親しめる機会が増えてきました。

どちらがどうとは言えませんが、水を介した生き物との関わり合いにも
興味を持って頂けたらと思っております。

水の大切さは、標語や注意だけではなく、やはり体験や体感を通じて、
少しずつ成長とともに、理解していくものでもあると思います。

閉幕したリオオリンピックでも、ボートなどの競技を行う競技場の水質汚染や、
プールの水質コントロールの問題などが、懸念材料となっていました。

台風や水害なども、近年は経験のない記録的なものが増えています。

水というのは、身近なものでありながら、とても貴重なものでもあり、
扱いやコントロールの難しいものでもあります。

簡単になんでも異常気象や温暖化や環境汚染に結びつけるのもどうかと
思いますが、常に、水や自然に対して謙虚であるべきで、また自然を愛し
敬う心や意識を忘れないようにしたいものですね。

そろそろ夏休みが終わりに近づいてきたかと思います。

自由研究などは、出来たでしょうか。

残り少ない夏を、水に親しみながら、満喫して下さいね。

凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹凹

※学年や年齢に関わらず、大人と同じように読んであげて下さい。
繰り返しや、いろんな場面で目や耳にしていくことで、
いつの間にか読めるようになります。
(学年別漢字配当表の内容や学年は変更になることがあります。)

※読み、意味、語源、成り立ち、画数等は諸説あります。
また、字体やコンピュータフォントの表示の関係で、字が異なる場合があります。
必要に応じて、より正確な辞典等をご参照下さい。

ひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこ
手描きふう双葉リバーホエール絵本館手描きふう双葉
River Whale Ehonkan
生まれたてのひよこショップサイトはこちら生まれたてのひよこ
ひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこひよこ