石井方式 幼児からの漢字教育

●石井方式 幼児からの漢字教育について

石井方式漢字教育は、漢字で言葉を育む教育として、

石井勲(いしいいさお)教育学博士の研究と実践によって誕生した、

全国約700の幼稚園・保育園等で用いられている教育です。

また(株)登龍館発行、漢字かな交じり文絵本『漢字の絵本』シリーズは、

この石井方式漢字教育のための絵本として、1967年に誕生。

以来、現在まで多くの幼児に親しまれています。

子供たちの国語力の低下が著しい今日、

漢字かな交じりの文章を読む必要性が叫ばれていますが、

石井勲博士は何十年も前から、

言葉を漢字で学ぶ必要性を教育界に訴えかけ、実践してきました。

漢字で言葉を学ぶことで、

国語力はもとより学習能力が向上し、読書も好きになる。

子供自身が学ぶ力を育む教育として、

石井方式漢字教育は、幼稚園や小学校などの教育現場、

教育界の権威、そして、ご家庭から厚い信頼を得ています。

●言葉を豊かにし、知能を高める漢字

漢字教育の役割は、

漢字を通じて豊かな言葉を養い、子どもの智能を高めることにあります。

人間は、言葉で物事を考え、理解します。

そして、この言葉の豊かな子ほど、知能が大きく伸び、感情や情操が豊かに育ちます。

ただしそれは、

口数が多いという意味ではなく、言葉の意味を正しく理解するということです。

どんな勉強も、まず教科書の内容や先生の話を正確に理解する能力が

なければ意味がありません。

ですから言葉を学ぶ時期に、言葉の理解能力を高める教育をすることが大切。

その道具が漢字です。

なぜ漢字なのでしょうか。

それは、漢字が一字一字が明確な意味をもつ“見る言葉”だからです。

ひらがなは表音文字・聴覚言語のため、

ひらがなで表記した言葉からは意味までは伝わりません。

対して、漢字は言葉そのものを表す表語文字・視覚言語のため、漢字で表記した場合、

言葉の意味まで理解できます。

例えば、『木』という漢字を学び、次に『森』という漢字を見た時、

『木』がたくさんあるところが『森』なんだと、言葉の意味まで自分で理解できます。

漢字で言葉を覚えると、言葉の理解度が高いのです。

●幼児にとって漢字はやさしい

とはいえ、幼児に漢字は難しい。

漢字教育を始める前に大半の方が抱く先入観です。

幼児を集めて、『鳩』『九』『鳥』の漢字のうち、

どれが覚えやすいか調べた実験があります。

結果は・・・・・・

一番覚えやすいのが『鳩』、次が『鳥』、最後が『九』でした。

幼児は、具体的なものほど覚えやすく、抽象的なものほど覚えにくい。

つまり、幼児にとって、文字の覚えやすさは、

そのものをイメージできるかどうかであり、字形の複雑さは関係ないことがわかります。

漢字は具体的なものを表す文字。

ですから幼児にとって、漢字は覚えやすい文字なのです。

●右脳と左脳を刺激する漢字

脳の発達は、乳幼児期は「右脳優位」の時代、以降は「左脳優位」へと移行していきます。

右脳は空間認識や音楽・絵画に感じ入る「感覚脳」、

左脳は理論的に物事を捉える「言語脳」です。

そして、右脳の活発な時期に刺激を与えるほど、その後の左脳の成長度合が高くなります。

通常、文字は左脳で処理されますが、漢字は右脳・左脳、両方を働かせます。

ですから、できるだけ幼い時期に、漢字にたくさん触れ、右脳を刺激するほど、

その後、備わる左脳の働き(理解力・思考力など)を、より活発にすることができるのです。

言わば、漢字教育はやがて育つ智能の種まき。

詰め込み型の早期教育ではなく、適期教育なのです。

●石井方式漢字教育の指導法

石井方式、幼児からの漢字教育は、漢字を読むことからはじまります。

具体的には、出来るだけ生きた言葉として捉えられるよう、

漢字かな交じり文で書かれた絵本を読み聞かせます。

漢字かな交じり文で読むと、ひらがなだけの文に比べて、

文の意味がダイレクトに頭に入ります。

漢字には読み仮名をふりません。

漢字を見ずに、読み仮名を追っては意味がないからです。

ですから最初は読み聞かせから。

やがて子供が自分で読むようになるのは、通常の絵本と同じです。

漢字かな交じり文の絵本を読むと、

漢字が身につくことに加え、文章を読む力、読解力がつきます。

本を読む子ほど脳が発達する。これは自明の理でしょう。

●石井方式漢字教育の成果

石井方式の漢字教育を30年以上、数多くの幼稚園保育園で実践した結果、

漢字で言葉の理解が深まり、国語力が身につくことはもちろん、

物事を分析して理解する力、また目と耳、両方を働かせて学ぶことで、

非常に高い集中力がつくことが確かめられました。

人間として学び、成長するための基礎能力が育つのです。

漢字によって豊かな言葉を身につけた子は、自ら枝葉を広げ、様々な能力を発展させます。

すべての成長の“根幹”を養う漢字教育、

それは誰もが自分の力で伸びていくための教育なのです。

●石井勲(いしいいさお)教育学博士 プロフィール

いまや、幼児にとって漢字が覚えやすい文字であることは、

幼児教育界では常識となりました。

この幼児からの漢字教育を打ち立てた第一人者が、石井勲教育学博士です。

もともと高校・中学校・小学校の教師であった石井勲博士は、

その豊富な教師経験から、国語教育、とくに漢字教育の必要性を痛感していました。

そこで小学1年生に、学年に関わらない漢字教育を実践し、

低年齢期ほど漢字の学習能力が高いことを確認。

昭和27年に石井方式漢字教育指導法を発表したのです。

しかしこの発表は、当時あまりに画期的であったため、簡単には受け入れられませんでした。

石井博士は、子供の学力向上のために、全国で講議と実践を熱心に続けました。

そして、幼稚園児への漢字教育を実践。

より知能向上効果が高いことを確かめます。

そしてその効果が認知されるに従って、世間に認められ、現在まで広がるに至ったのです。

いま石井方式漢字教育は、

全国の保育園・幼稚園はじめ小学校や海外の学校でも導入されています。

また石井方式漢字教育は、

幼児開発協会を創設したソニー元会長、井深大氏など、教育各界から支持を獲得しています。

そして、石井博士と共に、

幼児からの漢字教育を広めるために全国行脚した私たち登龍館の

『漢字の絵本』は今、全国の幼稚園、保育園などで子供たちに愛読されています。

<石井勲先生 略歴>

1919ー2004年。山梨県生まれ。

昭和17年、大東文化学院卒業後、応召。

戦後、高校教諭として教壇に立ち、

国語力を養うにはさらに早い時期の教育が必要であると考え、

中学校・小学校でも指導に立つ。

自身の経験から、漢字を用いて日本語に触れる必要性を痛感し、石井方式漢字教育を確立。

その功績が認められ、グレンドーマン博士主催、第6回世界人間能力開発会議で金賞受賞、

第37回菊池寛賞受賞。

日本漢字教育振興協會会長、国語問題協議会副会長はじめ、松下政経塾専門講師なども歴任。

著書『石井方式 幼児のための日本語塾』(登龍館)ほか多数。

●漢字教育の広がり

1961年 四谷七小で石井博士の漢字教育が新聞で紹介されたのを機に、各紙が取り上げる。

1968年 幼稚園での石井式漢字教育が始まる。

1970年 大東文化大学幼少教育研究所が設立され、所長に就任。

1973年 グレンドーマン博士主催、第六回人間能力開発世界会議で金賞受賞。

1979年 大東文化大学付属青桐幼稚園園長就任。

1989年 石井方式漢字教育指導法の樹立が評価され、第37回菊池寛賞受賞。

1994年 石井方式漢字教育導入の船橋市立法典東小学校が第43回読売教育賞・国語部門優秀賞受賞。

2004年 ご逝去

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする