読み方のポイント(2)

今日の漢字ということで、

できるだけ多く更新したいと考えていますが、

一日一つずつ漢字を読めるように、

覚えるように、ということでは決してありません。

興味を示して自然に読めるようになったものを一緒に喜んで、

楽しんで進めてください(*^_^*)♪

すぐできることはすぐ忘れます(_ _||)

大事なことは、対象物や、意味、働き、連想するもの等と言葉が結びつくこと

です。

・同じことを繰り返して定着するのを根気よく待つこと。

・自分で読めたという体験や、文字や意味から湧き出る気づきや疑問を大事にして、きちんと向き合う。(あまり説明しすぎたり、先に教えようとしない)こと。

・忘れているようでも、いろんな角度や体験を通して読み続けたり、同じ文字でも異なる意味や熟語などにも自然に触れているうちに、臨界期を迎え、溢れ出すように言葉やその理解が進む時が来ます。
落ち着いて長い目で我が子の成長を見守ってあげること。

などに注意して、親御さんが、教えるというよりも、言葉からご自身の体験や想像力を、子供と共に分かち合う、一緒に体験する感じで、進めてください(*・∀・*)

いくつ覚えたか、いくつ読めるようになったかが問題ではありません(`・ω・´)/

それは今の、目先の結果に過ぎません。

大切なのは、言葉の意味や力や本質的なものを理解し、

適切に、また効果的に、使うことができるようになることです。

そのためには、文字だけではなく、

・自然や実物を通しての経験や感性

・絵本や歌やお話などを通じて育む想像力、

・素読や音読などを通じた言葉にできない体感的な、体得的なもの

も、共に育むことが必要ですo(^-^)o

漢字を教え込む、漢字を学ぶものでは決してありません。

漢字で教える、漢字で学ぶ、漢字で言葉と物事を楽しんでくださいねヽ(*´∇`)ノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする